楽天マガジンをPCで読むときの注意点やWebリーダーの使い方まとめ

楽天マガジンをPCで読むときの注意点やWebリーダーの使い方まとめ

 

楽天マガジンは、スマホやタブレットのアプリから読む以外にPCのブラウザーから2台までなら、いつでも閲覧することが出来ます。

 

Webリーダーを使って簡単に雑誌を読むことが出来るのですが、スマホやタブレットのアプリ版とは違う部分があります。

 

その辺りに注意点を説明しながらWebリーダーの使い方を話していきますね。

 

ちなみにWebリーダーとは、楽天マガジンをPCで閲覧するときのアプリみたいなものです。

 

では注意点から見ていきましょう。

 

 

 

パソコンで読むときの注意点

 

PCから楽天マガジンの雑誌を読むときに3つほど注意点があります。

 

それぞれ見ていきますね。

 

お気に入り機能がない。

 

PCから閲覧する場合は、アプリ版にあるお気に入り機能がありません。

 

なので、毎回読みたい雑誌を検索する必要があります。どうしてもお気に入り登録しておきたい場合は、ブラウザー自体のお気に入り登録をするといつでもパパっと読みむことができますよ。

 

ふせん機能がない。

 

アプリ版だとふせん機能があって、読んでいる最中にふせんしておくと、いつでも続きから読むことが出来るのですが、パソコンから閲覧する場合は毎回最初からになります。

 

といっても、簡単に読んでいたところを見つけることが出来るので、ふせん機能がなくてもそこまで気にならないかと思いますね。

 

オフラインでは読めない。

 

ブラウザーで読むわけなので、雑誌をダウンロードしてオフラインで読めるといったこともできません。

 

Wi-Fi環境がないと読むことが出来ないんです。

 

パッと見た感じパソコンから楽天マガジンの雑誌を読むのは微妙!?と思うかもしれませんが、パソコンから閲覧するメリットもあります。

 

PCから雑誌を読むメリット

 

楽天マガジンをパソコンから読むメリットを3つほどあげてみました。

 

画面が大きいから読みやすい。

 

パソコンは画面が大きいので、スマホで読むように拡大することなく読むことが出来ます。もちろん気になるところは拡大して見れますが、スマホで読むより読みやしいです。

 

閲覧履歴が共有されないから何を読んだかバレない。

 

楽天マガジンは、1アカウントに5台までの端末(アプリ)と2台までPC(ブラウザー)で雑誌を読むことが出来るのですが、アプリを使って読んでいると、他の端末と閲覧履歴やお気に入り雑誌・ふせんが共有されちゃいます。

 

使い方によっては共有されるのはいいのかもしれませんが、家族で使うとなると閲覧履歴などを見られるのは嫌・・・。

 

そんな時は、パソコンから閲覧すると、履歴など残らないので誰にも知られず読むことが出来ます。

 

利用登録せずに読むことが出来る。

 

楽天マガジンは、利用登録すると最初の31日間は無料でお試しできる期間がありますが、ブラウザーからだと、利用登録せずに試し読みすることが出来ます。

 

雑誌は数ページしか読めませんが、操作性などはわかりますよ。

 

 

ちなみに、ハーパーズ・バザーの雑誌だと利用登録せずに34ページまで読むことが出来ましたよ。お試し31日間、無料を利用すると楽天マガジンの全ての雑誌を読むことができます。もちろん全ページです。

 

登録は楽天会員になるだけなので簡単ですし、気に入らなかったら解約すればいいだけなのでおすすめですよ。

 

楽天マガジンを31日間無料で試してみる

 

Webリーダーの使い方は簡単!操作方法

 

Webリーダーの操作方法を簡単に説明するので参考にしてくださいね。

 

Webリーダーを起動しよう!!

 

まずは公式サイトの右上のログインをクリックしてログインしましょう。

 

ログイン横にある、”参加雑誌検索”で雑誌を検索するか、そのまま下にスクロールして好きな雑誌を探しましょう。

 

 

今回は下にスクロールして新着雑誌の【nonno】で説明しますね。

 

下にスクロールすると、新着雑誌がズラっとラインナップれています。ジャンルから探したい場合は、左側に11種類のジャンルに分かれているのでそこからも探すこともできますよ。

 

 

新着雑誌【nonno】を見つければ、”この雑誌を読む”をクリックすると別ページにWebリーダーが起動する感じです。

 

後は操作しながら読み進めるだけですね。

 

Webリーダーの使い方は簡単!

 

Webリーダーを起動するとこんな感じで、雑誌の表紙が出ます。

 

左側の矢印をクリックすると1ページづつ読み進めることが出来ます。ドラッグ&ドロップでもOKです。

 

 

下の丸ボタンを横にスライドさせると読みたいページにサッと動かすことが出来ます。

 

読み終わればブラウザーを閉じればOK。基本操作はこんな感じで簡単ですね。

 

で、他の機能はというと、

 

 

ザッと見るとこんな感じです。

  1. フルスクリーン表示ついて
  2. 雑誌の拡大・縮小について
  3. 目次メニューについて
  4. スライダーページについて

この1〜4をそれぞれ簡単に説明しますね。

 

1.フルスクリーン表示にして読む。

 

右下のボタンをクリックすると画面を最大にして読むことが出来ます。

 

元に戻すときは、キーボードの左上の”ESCボタン”をクリックすると元の画面に戻ります。

 

2.雑誌を拡大・縮小して読みやすくしよう!

 

右下の+−を+側にすると大きくなります。

 

 

ただ、ズームするたびに右下を触るのは若干使いずらいです。マウスのスクロール(ホイール)でも拡大・縮小できるのでそっちの方が簡単で使いやすいですよ。

 

目次メニューで目次を確認しよう!

 

左上のボタンをクリックすると目次が出てきます。

 

 

目次でザッと見れますが、この機能は、個人的には使わないかなと思いますね。

 

スライダーを使ってざっくり見よう。

 

左上のスライド機能のボタンを押すと雑誌の内容が分かりやすくなります。

 

 

左右にスクロールしてパ〜と雑誌の内容が分かります。

 

流し読みするのにはいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

楽天マガジンをPCで読むときの注意点やWebリーダーの使い方についてまとめてみました。

 

私の場合は、PCで読むのは簡単で読みやすいですが、どうしてもパソコンを起動したりするのがめんどくさいのでスマホで読みがちです。

 

ただ、仕事などで普段から使っている方には、Wi-Fi環境さえあればどこででも閲覧することができるのでおすすめなんじゃないでしょうか。移動中、旅行先でも読むことができますからね。

 

楽天マガジンを31日間無料で試してみる


TOPへ